公開シンポジウムのお知らせ

金沢大学人文学類シンポジウム
こころを支える“認知”の働き-記憶,加齢,メンタルヘルス-

シンポジウムチラシ

2015年12月5日(土)14:30~16:45(受付・開場14:15)
石川県政記念しいのき迎賓館ガーデンルーム(入場無料・事前申込不要)

司会
松川順子(金沢大学人間社会学域人文学類 教授)

嫌な記憶はどうやったら忘れられる?―ネガティブな記憶の抑制とその応用可能性―
小林正法(日本学術振興会 特別研究員・名古屋大学)

認知心理学から考えるエイジング教育の重要性
松田崇志(明治学院大学 助手)

脳機能計測によって認知機能をとらえる
國見充展(ATR 脳情報解析研究所 専任研究員)

“認知”は人の心の問題を説明することができるか?
吉村晋平(追手門学院大学心理学部 講師)

指定討論
永井康司(医療法人社団浅ノ川桜ヶ丘病院 臨床心理士)
松川順子(金沢大学人間社会学域人文学類 教授)

企画:金沢大学人間社会学域人文学類心理学コース
協力:北陸心理学会,北陸心理学会第50回大会記念企画委員会

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>