目次

早期公開(2017年 第6巻 第1号)

2016年 第5巻 第1号

  • 巻頭言(松井 三枝)p.1 2016p1
  • 日本の高等教育機関における留学生のメンタルヘルスに関連する要因(佐々木 恵)p.3-8  2016p3-8
  • Speech misperception occurs asymmetrically to a talker ’s facial orientation(Masayo KAJIMURA and Haruyuki KOJIMA)p.9-19  2016p9-19
  • ラットにおける記憶資源再配分型の指示忘却の予備的証拠(田中 千晶・谷内 通)p.21-29 2016p21-29
  • ポジティブ感情の分化とその特徴―快と活性度の二次元による検討―(菅原 大地・杉江 征)p.31-39 2016p31-39
  • 青年期の対人関係および自己のあり方と青年の就労意識の関連に関する構造の検討(岡田 努・榎本 博明・下村 英雄・山浦 一保)p.41-52 2016p41-52
  • 心理学研究の技法-論文読みから実験の計画まで (II)(小牧 純爾)p.53-62 2016p53-62

2015年 第4巻 第1号

  • 意図的ではない構えも視覚探索を促進する (伊丸岡 俊秀)p.1-10 2015p.1-10
  • 覚醒度の異なるポジティブ感情がストレス抑制効果に与える影響 (菅原 大地・荒木 友希子・杉江 征)p.11-20 2015p.11-20
  • 面接場面での発話における性格印象と発話速度(田中 吉史)p.21-31 2015p.21-31
  •  中学校生活に不適応を示す生徒の発言内容から作成した友人関係質問紙の検討(熊谷 有紀子・棟居 俊夫・大井 学)p.33-42 2015p.33-42
  • 達成目標が失敗経験後の課題遂行および感情に与える影響について(荒木 友希子・砂川 佳子)p.43-51 2015p.43-51
  • 心理学研究の技法-論文読みから実験の計画まで (I)(小牧 純爾)p.53-61 2015p.53-61

2014年 第3巻 第1号

  • 視覚運動プライミング現象における空間周波数の効果(井戸 啓介)p.1-12 2014p.1-11
  • キンギョの放射状迷路遂行におよぼすアーム特性の効果(谷内 通・平野友理)p.13-20 2014p.13-20
  • 過去のネガティブ・ポジティブなライフイベントが大学生の現在の精神健康に及ぼす影響(松本圭・伊丸岡俊秀・近江政雄・鶴谷奈津子・石川健介・渡邊伸行)p.21-29 2014p.21-29

2013年 第2巻 第1号

  • 放射状迷路を用いたラットの認知資源配分型実験における指示忘却効果の不在(谷内 通・矢萩 隼人)p.1-9 2013P1-9
  • ラットにおける同異弁別学習の予備的証拠(上條 槙子・下川 萌未・谷内 通)p.11-20 2013P11-20
  • アカハライモリにおける同時視覚弁別学習に関する動機づけ操作の検討(木村 誠・谷内 通)p.21-29 2013P21-29
  • 数学に対する苦手意識が計算問題における学習性無力感現象の生起に与える影響(荒木 友希子・山口 瞳)p.31-39 2013P31-39

2012年 第1巻 第1号

  • ラットにおける物体刺激の数的弁別学習(上條 槙子・谷内 通) p.2-9   2012P2_9
  • 左側頭葉前部切除例における言語性記憶障害と記銘方略の関連(三浦 佳代子・足立 耕平・小池 敦・馬場 啓至・松井 三枝 )p.10-17 2012P10_17
  • 情動刺激に向けられる空間的注意の時間経過に社交不安が与える影響(伊丸岡 俊秀・松本 圭・近江 政雄)p.18-26 2012P18_26
  • 健常青年における統合失調型パーソナリティ傾向とQuality of Life との関連(星野 貴俊・松井 三枝 )p.27-34  2012P27_34
  • Conditional discrimination learning of two-object-pairs by rats(Md. Abu Bokor Siddik, Tohru Taniuchi )p.35-43 2012P35_43

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です